腐ハウスブログ

腐女子4人でシェアルームしてます。

腐ハウスの毎日とそれぞれの毎日

ヒプノシスマイク:気がついたらハマの女になっていたんだ

最近ツイッターで皆がヒプマイヒプマイって言ってるけどなんなんだろう…?あと最近やたら独歩って見るけど皆そんなに国木田独歩好きだったっけ?なんか歴史上人物とか出てくるゲームで国木田独歩がキャラとして出たのかなあ??

などとふんわり思っていた1ヶ月弱ほど前。ヒプマイって何?とツイートしたところ、フォロワーさんが「ヒプノシスマイクっていう声優さんがラップする企画があるんですよ」と教えてくれた。


声優さんがラップ……??????


ヒップホップというと私も例に漏れず「なんか怖い」と思って近づいてない派なんですが、今や世界は70億総ヒップホップ時代。
私がここ数年ハマっているKpopでも、とにかくラップしないやつは人間じゃねえくらいの勢いでアイドルもラップしまくっていて「君もKpopアイドルならラップできるだろう?(速水奨ボイス)」と言わんばかりの情勢であるし、なんといっても今一番人気のBTSさんはヒップホップアイドルグループである(だよね?)。今はRMと改名してしまったが、BTSリーダーの彼は以前はRAP MONSTERと名乗っていたくらいだ(デビュー前に名乗っていたイキった名前を「それいいじゃん」とそのまま芸名に使われてしまったらしい)。

Kpopにハマっていなかったら正直ヒップホップにはかなり抵抗があったと思う。しかし、まがりなりにもKpopを毎日聴きまくっていればヒップホップ的なものを聴く機会ができるわけでして、数年間かわいらしく美しい顔をしたアイドル達がラップしているのを見てきたおかげで、「ラップ?ちょっと聴いてみるか」くらいのレベルには達していたわけですよ。Kpopは素晴らしいなほんと。

 

それでYouTubeに公開されていたヒプマイのMVを見るわけじゃないですか。

衝撃を受けた。

何ってラップなのにアニメ声…アニメ声なのにラップ!!!!!!!
さらに衝撃的なのは、速水さんがラップしていたことである。えっ速水さんてあの速水奨さんだよね??ベテラン声優の、藍染隊長の速水奨さんだよね?????
何度も画面を見て声を聴き確認するが、間違いなく速水さんだった。えっマジかよ。ラップ???

 


色々あってKpopとはちょっと距離ができていた最近、無趣味人間と成り果て張り合いのない生活を送っていた私の心にするっと入り込んできたのがこの謎のコンテンツ。一日一回テーマソング(??)を聴くようになること数日が経過した。

このプロジェクトね、音楽配信プロジェクトらしいんですけど、YouTubeに随分色々公開してあるんですよ。そんでちょうど様々な曲やドラマパートがドカンと発売・公開になって盛り上がってきていたタイミングだったらしくてなるほどそれでこんなに話題になっていたわけだな!!
さらにリンゴミュージックやスポティファイに全曲公開済という大盤振る舞いじゃないですか。びっくりするじゃないですか。とりあえず全部一度聴くじゃないですか。

 

 

左馬刻様がオンザマクロフォーンて何?インパクトがありすぎる。なんで自分で「様」って言ってるんだ。毒島メイソンて名前意味が分からんし、乱数でラムダと読ませるとか完全にどうかしてるし、そもそもなんで渋谷のギャンブラーが「Cool! Cool!! 注1」してんのか意味が分からない。実はラジカセで喋ってんのか?

※注1:許斐剛


あまりに色々なことが押し寄せてきて到底一度では頭が片付かないわけですよ。
大体存じ上げている声優さんが速水さんと木村さんしかいない。2013年末に二次元オタクからKpopアイドルペンになり二次元オタクコンテンツから遠ざかってはや4年半。メロスには音楽がわからぬ。ただ全然わかるようにならない韓国語をフィーリングで聞き流して暮らしてきた。
もともと声優さんに詳しいほうでは全然無かったけど、戻ってきたら時が流れまくっていて完全に浦島太郎状態になっていた。皆演技ができる上に歌えてお顔もかわいらしいしラップまでできなきゃいけなくてすごくない?声優に求められるスキル高まりすぎでは?


とりあえず知っているところからググることにした。
木村昴さんがすごいラップがうまくてびっくりして調べたら元々ラップがお好きでらっしゃったらしい。そうだったんだ!
ていうか、なんてお声がまろやかになられて……と感慨深くなる。ピンドラのときはきれいなジャイアンとか言われてたのに。いや、ピンドラの冠葉大好きでしたが。ピンドラ、最近ネットフリックスに入ってて久しぶりに全部見返してやっぱり号泣しました。幾原監督愛してる。

速水さんについて検索したらこの企画が持ち込まれて「本当に大丈夫ですか?」と返したというインタビューが出てきた。まあ、そう思いますよね…?
男性声優ラップバトル『ヒプノシスマイク』短期集中インタビュー連載 - 第2回:速水奨「ラッパーってキュートな人たちだと思う」 | マイナビニュース
ちなみに今ブリーチの実写版映画やってて見に行ったんですけど、そしたらすんごい懐かしくなって配信でブリーチのアニメも見た。藍染隊長……私、中学生のときブリーチを超真剣に読んでたんで、藍染隊長が死んだときすごい衝撃受けたしその藍染隊長がまさかの黒幕だってわかったときもめちゃくちゃ衝撃を受けたんですよ!!藍染隊長!!!!20年近く経って!ラップしてる!!!(してない)

 


そして左馬刻さまの中の方である浅沼さんのWikipediaみたら42歳って書いてあるんですけど……え?42歳??????若すぎないか。
衝撃を受けて出演作を見てみる。水樹奈々ちゃんオタクの友人が「そういえばこの舞台見に行ったことある…」と言い出した。そして浅沼さんが健康によくてとっても苦いセンブリ茶を飲んでいる映像が何故かYouTube上にたくさんあがっていた。段々声優さんについて調べていくと、なんかYouTubeに色々動画があがっててそれを見てしまうわけなんですよね。いやーーーーーーなんだろう、この、泥沼。え?嘘でしょ??42歳?????
ちなみにメイソン役の神尾さんも一緒にセンブリ茶を飲んでいた。どうもあんスタの何かのコンテンツらしいんですよね……あんスタ……離れている間に様々なアイドルっぽいコンテンツがいっぱいできてるもんなあ…………ときの流れを感じる………

 

斉藤壮馬さんも私存じ上げなかったんですけど、ソロ曲のMV見て衝撃を受けました。衝撃を受けてばっかだけど仕方ないじゃないですか浦島太郎だから。だって!すごい!今時のアイドルなんだもの!!えっ………高田馬場???このゲスの極みからゲスを抜いたような感じ…最近の声優界どうなってんだ。びびりたおすぞ。
乱数の白井さんもね、初めて知ったんですけどなにってYouTube上に謎のハエの真似をする白井さん、中華麺の真似をする白井さん(真似???)の映像が上がってるんですよ。よくわかんないんですけど何故かハエとか麺とかをしてるんですよ。なんでかわからないんですけど。なんだろう………なんだろう、これは……………新たな才能すぎないか。友人は一日一ハエしているという。
あと独歩の伊東さんかひとりテニミュしたりホットリミットを熱唱していたりする動画もあるんですよね。Kpopのみで占められていた私のYouTubeアカウントがどんどん謎の声優動画で埋められていく。

YouTube、インターネット上のパンタナル


そして私が最も衝撃を受けたのがイルマティック入間銃兎の中の人駒田航さんである。このインタビューを読んで欲しい。
スポーツのある生活vol.8「声優駒田航さん、食と運動は人生においてマスト」 | ASICS Japan
陽。陽の気があまりにも強い。陽の人すぎる。あふれ出る陽の気で読んだそばから目が焼け爛れそうだ。

 

えっ…………………………なんで商社の営業じゃなくて声優やってるんだろう?????

 

ていうか身長185センチ??でかいな???しかもドイツ語と英語もできるんだ??最近の声優さんは歌ってラップしてついでに外国語も話せるし背が高くてイケメンじゃなきゃいけないの???どういう職業なんだ。びびりたおしまくるぞ。ていうかどう考えても慶応かICUを卒業して商社に就職して海外赴任してるタイプにしか見えない。商社の新卒採用HPに先輩社員として載ってそうでしかない。「日々挑戦的な環境に身をおいて切磋琢磨できる同期は本当にありがたい存在ですね!」とか顔写真つきでコメントしてそうでしかない。
ちなみに私の東大時代の同級生で商社に就職した奴は、その稼ぎを国内外かまわず風俗につぎ込みまくっている荒ぶるクズ(独身彼女ナシ)1名と、先日駐在から帰国したというので一緒に飲んだ際「将来的には国連を視野に入れていきたい」とのたまった超意識高い系1名だ。(私の視野にはアイドルしか入ってなかったわ、と返したら爆笑(失笑?)された)

 

ええ………なんだろう、陽すぎて怖い………

 

二次元キャラではなく中の人のスペックの高さが怖すぎる。あれじゃないですか、これも最近知ったんですけどかつて子安武人がつくったという伝説の、空前絶後の実写乙女ゲー(攻略対象は子安さんのみ)darlingを受け継ぐべきなんじゃないですか。いけるって。知らんけど。
そんなことを考えて気を紛らわせないとふとした瞬間に「ハッこの人すっげースペック高いんだった!!!!」て思い出すほど怖い。もはやホラー。チラチラちらつく商社の影に怯えて全く落ち着いて視聴できない。

そんな私に和みを与えてくれたのが、二郎役の石谷春貴さんであった。インタビュー読んでたら宮崎出身らしいんですよ。宮崎なの?応援するわ。私は宮崎県出身者として宮崎の人は応援する主義なんだ。
そしてツイッターを見たらこれがもうね、素朴。超素朴。和むアンド和むオブ和むってくらい和む。皆見て欲しい。完全に甥っ子を見ている気分で「ガンバレ…」と口から自然と応援の言葉が出てしまった。


そんな感じで、別にハマろうとか思っていたわけではなく積極的に没入して調べたわけでもないのに何故か大量の情報を仕入れてしまい、気がついたらヒプマイの曲とドラマパートを休日一日かけて聴きとおすという虚無行動をとってしまった。さらに気がつくとダウンロードしていた。何故だろう。今毎日通勤時間に聴いてる。いつも左馬刻さまの「なんだこのクソロープ!」のところで限界を迎える。だいぶおもしろいだろ「クソロープ」って。

 

などと考えていたら指が勝手に検索していた。「銃左」と。
いや!!なんていうんですかね!!指が!指が勝手に検索してて!!!!なんだろうなんかすごく言い訳したくなるんですけど、気がついたら検索してたんですよ!!!!!!!

 

アイドルファンになって以降私のBLを愛する魂は眠り込んでいたんですけど、帰ってきた。黄泉の国から戦士達が帰ってきた。
順調に毎日二次創作を消費して大体読み終わった。さらに独歩の方と超ハイスペックホラー(入間の方)のBLCDがあることを知った。あらすじを読んで膝から崩れ落ちた。

「~ミステリアス美人リーマン攻め~」

【ドラマCD】僕らはそれを恋と呼ぶ | アニメイトオンラインショップ


すごい、帰ってきた、ていう感じがした。
この絶望的なまでにオタクセンス溢れる煽り。「~ミステリアス美人リーマン攻め〜」。
黄泉の国から戦士達が帰ってきてしまった。シシガミ様が里に迫っている。

 

しかしだ!ここでシシガミ様が向かう先には得体のしれない奴が横たわっている。いわばジコ坊。

 

いわゆる、ヒプマイのガバガバ女尊男卑設定である。

 

ヒプマイには既に様々に指摘されているこのガバガバな設定があり、やはりそれにツッコミはいれざるを得ない。何故ならガバガバ過ぎてほんの少しヒプマイ世界のことを考えただけで疑問しか出てこないからである。私はファンタジーでは設定厨と言われる部類だ。

次回、「その設定にするならまずよしながふみ先生に弟子入りしてきて!!」の巻。
乞うご期待!