読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐ハウスブログ

腐女子4人でシェアルームしてます。

腐ハウスの毎日とそれぞれの毎日

宝塚の沼を見学に行ったらもう少し沼に近づいてみたい、ような…?

それは正月のことだったんですが、確か元旦だったか。帰省して実家でクソみたいにダラダラしながらテレビがつけっぱなしになっていたところ、NHKで宝塚のレビューが始まったのである。「カルーセル輪舞曲」というやつらしい。

 

私が宝塚を見るのは初めてではない。数年前に宝塚沼にドボンした友人がいてほかにも数名沼に足を取られているため、一度連れて行ってもらったしDVDでも何回か見た。
元旦は親戚が来ないので暇だし(と思ってたら来たけど)と思って宝塚を見始めた。私は普段SHINeeというKpopグループを追っているのですが、機会があったらほかの沼の様子も是非観察したいと思っているので誘われたりテレビでやってたりしたら見るようにしているのです。何故か。単純に興味もあるけど、あと約2年後に訪れる兵役による活動強制中止に備え、萌えの拡散を図っているのです。今完全にSHINeeを中心に回っている生活、2年後それがぽっかり空いたとき私の生活一体どうなってしまうのか…?考えるだけで恐ろしいので、なんとかして萌えを分散したい。鑑賞の動機は不純ですが死活問題なので、これからもお誘いお待ちしております。お礼としては、とりあえずSHINeeのライブ等に誘うということができます。よろしくお願いします!
※生活がぽっかり空くのが恐ろしいのでいっそ婚活とかしたほうがいいのかなどとすら考えている。

 

というわけで漫然と見るのではなく、おっこれは?というひとを見つけるべく集中して見ていたところ、アラ、なんかこのひとシュッとしてて素敵じゃない?というひとが画面にちらちらするのに巡りあった。が、しかし。予備知識もないし修行も足りないので、大量の宝塚メイクの波のなかからそのひとを見分けることができない。素敵じゃない?と感じたひとが同一人物なのか数人いるのかさえよくわからん。最終的に羽を背負った?人達がばーっと出てくるときに、なんとなくトップではないがわりと真ん中にいて羽を背負っていたひとだったような…気がする…??と思ったところで終わった。

ツイッターに「宝塚テレビで見てる」とあげておいたところ、ヅカ沼ドボンの友人から即座にリプが来ていたので、「なんか素敵なひとがいた気がするので教えて欲しい」と返した。すると、「どのひと?」という返しがきたわけですけども、自分でもわからんのですよ!!とりあえず「なんかシュっとしてた」という要望を伝えた。そしたら「シュっとして素敵なひとなんて山ほどいるからわからないよ(怒)!!!!」という返信が来た。ですよね!!その友人からは「この中から誰だかわかる?」とずらっと団員さんが載ってる公式ページのリンクが送られてきたけどまっったく判別が不可能。ごめん素人だから…
※Kpopに初めてハマったときにMVごとに髪色と髪型が違うので誰が誰だか判別つかない!!!!と叫んでいた日々を思い出した…今となっては誰と誰が判別つかなかったのかが分からない。

しかし、やっぱり画面によく映っていたからそれなりに地位にあるっぽいし、羽を背負っていたので多分2番手のひとではないか、ということになった。それが美弥るりかさん、という方であるという。宝塚メイクの写真をしげしげ見てもまったく確信がもてないけど多分そうだと思う、ということにした。そしたら宝塚沼に足を取られている最中の別の友人が誘ってくれて、このたび「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」を見に行けることになったのである!

 


本当に全く予備知識を持たないまま当日。
美弥るりかさんは、準主役らしい。友人と会場に入り、会場内のお土産やさんなどを冷やかす。なんというか、ここは本当に独特の世界ですよね…各組のトップスターが自ら監修したグッズなどが売られていて、紅ゆずるさんの炎の紅Tシャツのインパクトがすごかった。あの紅の周りにこちゃこちゃしている謎のレンジャーは一体なんなんでしょうか。
CDとかDVDも売られている。CDとか、あるんですね…!宝塚メイクではないメイクのジャケット写真がなんか、不思議な感じがする。ジャニーズみたいだけど違うし…あとファンクラブDVDみたいなのも面白かった。内容を見たら2PMの曲を歌っているのとかあって気になった。そういえば前どなたかがSHINeeのダズリングガールを歌ってる映像を見たことがある…。
YouTubeで探したら削除されていた。

おみやげやさんでは、中国語を話す女子達と韓国語を話す女子達がいた。普段は我々が逆で、ソウルのSUMショップでグッズ買ったりしているので、なんとなく親近感を覚えてしまった。情報とかどうやって集めてるんだろうなあ。
生写真(?)コーナーで美弥さんを確認するも、やはりいまいち確信が持てず。

 


というわけで開演。
1928年のベルリンの高級ホテルグランドホテルに集まるひとびとの悲喜こもごもという感じの群像劇で、主役になっているのは借金まみれの男爵。女子をひっかけるのとハッタリは得意だけども借金でそろそろ追い詰められている。テレビで見たとき、申し訳ないけどトップの方はお歌があんまり…と思ったんだけど、実際見たらなんかすごいオーラというか、なんか、やっぱトップってこれなのか~~!みたいなものがあった。なんだろう、しっかりした体型から来るのかな、すごい男性美みたいなものがあって、思わずくらくらしちゃうわ~みたいな雰囲気。
そして美弥るりかさん演じるオットーが出てきた。オットーはユダヤ人で病気にかかっておりそんなにお金持ちではなく、有り金はたいてこのホテルに来たらしい。(この辺なんでオットーがここに来たのかちょっとよくわからなかった。死ぬ前に贅沢したかったのか?)ちょっとこのオットーというキャラにしては美しすぎるのでは…?とも思ったけど、あんなにシュッとしてるのに背を丸めてよろよろした演技で、シュっとしたところを全然感じさせなかった。歌もうまいですねえ!!
投機に成功して突然金持ちになってダンスホールで浮かれて踊るところがめちゃくちゃ可愛かった!

グランドホテルは劇の内容自体もおもしろくて、この時代の衣装もすごくかわいかった。休憩時間に友人と「おもしろかったねー!」と言いながら調べたところ、ちょっと前に宝塚でないミュージカルもやってたんですね…これは見てみたかった…!!


そしてカルーセル輪舞曲。これよ!これをテレビで見たのよ!!
舞台にでっかい回転木馬があり、頭上にはミラーボール、そして登場するトップスター!!おおお!!!なんか衣装のギラギラがすごい!!ものすごい!!!宝塚っぽい!!!!!
やっぱもうこのスポットライトを浴びてスター!スター!!スター!!!!ていうの、すごいよなあと思う。誰がどう見てもこのひとが一番(何が一番なのかよくわからないけどとにかく一番)なんだな、というのが分かるシステムすごい。
このショーは世界の色んなところを巡る的なコンセプトがあるらしいのだが(元旦のNHKで言ってた)、まず最初はアメリカ、どんな男はみんな荒馬だがどんな荒馬にも乗りこなしてこそ女らしい。

 

次はトップスターの「テキーラ!」のキメ台詞とともに、男役の群舞。随所で発されるトップの「テキーラ!」のキメ台詞のインパクトがハンパない。テキーラって何だ。酒か。ていうかここは一体どこなんだ。メキシコなのか。大勢の男役の群舞は大迫力である。美弥るりかさんもスポットライトを浴びて踊っていた。スーツを着るとシュっとしていてめちゃくちゃカッコいい!!ものすごくシュっとしている!!ていうか、大きさがテレビで見たのの半分くらい!?めちゃくちゃ細い!!頭が小さい!!(海外では頭が小さいって褒め言葉じゃないらしい!ごめんなさい!でも言っちゃう…!)華奢!!!こんなんだったとは!!とにかくシュっとしている!!!目が大きいですね!!しかしシュっとしている!!
ステージの前の橋??(正式名称不明)に出てきた男役の皆さんが、トップを筆頭にめっちゃオラつきながら客席に向かって謎の気勢(奇声…?)を発する。なんか、なんというか、巻き舌だったりして言葉にできないあの気合というか気勢というかは、一体、何なのだ……!!???

 

何だこれは…!と圧倒されていると、舞台はブラジルへ。ブラジル!!!宝塚ミーツリオのカーニバル!!!やばくないわけがない!!!もうすごい。まじですごい。最後のカーニバルの部分が圧巻すぎてすごい。もうギンギラギンでファッサファサでとにかくすごい。圧がすごい。
娘役のみなさんもなだか「ファー!」みたいなよくわからない声をあげたりしていてこれにもきっと何か宇宙の法則があるのだろうか。とにかくすごい。

そのあと、いきなり夜の砂漠になった。多分美弥さん…??が踊っていた。その後男役&娘役のムーディーなダンスになったりして、なんか、ここは、一体、どこなんだ………!!!!!????砂漠なのか、しかし歌詞で海がどうこう言ってる気がしたし、本当にここは一体、どこなのか。ブラジルから一体どこへ行ったのか。ここへ至って世界を巡るというより別世界へ飛んだ。

 

そのままこれや!宝塚や!!というラインダンスがあり、あの宝塚の階段が舞台に現れた。ファサファサーーー!!!!!と白鳥のような娘達を従えて、トップ、登場。上から大量の男役が降りてきて全員で踊る様はすごい。ていうか今思ったけど感想がすごい、とかしか言ってない気がする。
皆さん階段をね、するするーーーーって滑るように降りてくるんですよね。すごいなあ。コケないのかなあ。
最終的に全員が最終形態にメタモルフォーゼして階段を降りてきて、埋め尽くし、ついにトップが降りてくるところで、圧倒的「大団円&大感動!!」の大洪水で強制的に攫われていく感じが、もう最高に宝塚っぽかった。これは本当にすごい。美弥さんは確かに羽を背負っていた。ていうかトップ以外に背負ってるの美弥さんだけだった?
宝塚の、この、もうトップはトップ、トップなんやぞ!!!!!!!ていう強烈な序列の可視化、すごい。スポットライトが如実にトップを、序列を照らす。普段メンバー間に序列をつけない仲良しが売りのSHINeeとか見てるので、この強烈な序列はものすごい印象的だった。

 

前に見たときも同じようなものを見たはずなんだけど、今日こんなに強烈に感じたのは、きっと漫然と見ていた前と違って、一応「このひとを見るんだ」という目当てがいたからかなと思った。目当てがいると、トップとの差が否応にも目に入って、そうかあ、この差、これが、トップなのか…と身体に染み込んでくる感じがした。とかいってただの素人の感想ですけどね。すみません。


ショーの内容については、正直描き方が、所謂PC的な、他文化への配慮や尊重とかいう面ではもう、アウト、アウト…!!て感じなのだが、ここでそれを言うのは野暮なのだろうか。もはや分からない。ていうか途中から完全現地球から離れていったのでコンセプトもよくわからないわけだが、なんつうか、これも、野暮、なのか、もうわからん。
多分、世界で勝負しようと思ったらこの辺はもう絶対避けて通れないというか、いや世界で勝負しなくても現在の世界の趨勢から言えば改めるに越したことはないんだろう。いや、改めなくてはならない、のだ。
しかしなあ、部外者がどうこう言うものじゃないんだろうけど…
※ジョンヒョンさんのソロコンでインドっぽい映像をつくったところインド文化を侮辱しているのではないかという指摘があり、そこは削除となった。自分はライビュでそれを見ていたが見ていたときには特に何も思わず、後からネットで論争になっているのを知った。自分の感覚も鈍いものだなと痛感したし、それ以来こういうことについては意識して見ようと思っている。こういう議論については、指摘が速やかだったりするのを見ても韓国のほうが厳しいというか進んでるっぽいなあ、と感じる。

 

とりあえず、やっぱり目当てがいると全然違うことが分かった!前に漫然と見てたときとは全然違うわ。(ここでふと思い出したけど、確か前見たとき、SHINeeのViewのMVがお昼に公開された日でそれで頭がいっぱいだった日だったわ。道理でだわ
しかしほんとわかったけど、私、シュっとした華奢な体型のひとがすきなんだな…理由はもうただひとつで、自分がそうじゃないからそういう体型に憧れているっていう多分それだけなんだけど…シュッとしてるひとがどうしてもすきだ…

とりあえず、もうすぐ美弥るりかさんの主演の舞台があるらしいので、できたらそれに行ってみたいなあと言っているところです。
テキーラ