読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐ハウスブログ

腐女子4人でシェアルームしてます。

腐ハウスの毎日とそれぞれの毎日

話せばわかるって言います(OK、レッツスピーク、in○○?)

EXOちゃんのドームすげーなーーー!!!!

という日記を書こうと思ったらまさかの事態が訪れたためタイミングを失って5月になってしまいました…ゴールデンウィークが終わった悲しみに打ちひしがれているサラリーマンです。つらい。
いや、私はあのファンミーティングには行っていないのですが。
タオタオ。結局またこうなってしまうのか、でも仕方ないのかなあ、と思いながら、とにかくこうなってくるとこのドーム公演計6日間、が成功することを祈るのみです。

本当に申し訳ないことなのだがこのドーム公演が発表された際、私はどうしてもまずSHINeeちゃんのことを思い出してしまい、3月のドーム公演めっちゃ素晴らしかったなってことを思い出し、いやもうなんかね、「EXOすっげーーーーーーまじすげーーーーーーーーー」て思うと同時に「しゃ…しゃいにちゃんはどうなるんや…!!」という思いが交錯しまくって取り乱してしまったところに重なってきた今回のタオタオのことでやっと色々心が沈殿してきた感じがします。


改めてEXOちゃん、EXOちゃんですよ。本当すごいと思います。
東京ドーム、京セラドーム、合計6Daysの公演。
何がすごいって、日本デビューもしてない、日本語の歌も無い、東方神起先輩が「徹底した現地化」路線を取って10年、ついに「現地化ゼロ」でここまで来たってことだと思う。まあドームまでに日本デビューしたりするのかもしれませんが。なんたってこの相次ぐ離脱で中華経営が微妙な感じになってきたからな…

ともかく、特に東方神起先輩が日本に進出してからこっち、とりあえず日本語の歌を歌い、日本語を話し、日本のメディアに出て、要は日本のアイドルと同じような土俵で闘っていくという路線がひとつ基準としてあった訳ですが、ついにEXOちゃんは日本のメディアには一切でることなくドーム公演できる人気のレベルまで漕ぎつけたわけです。
いややっぱこれってすごいよね。ついにここまで来たかと思います。
いくらテレビの存在感が減ってるとはいえ、ネットとあとはまあ韓流チャンネル等あるにしても、とにかく日本のメインのメディアには全然のらなくてもここまでいける、ということがわかったわけだから。

EXOちゃんのこのものすごい人気ぶりに対して、色々と複雑な思いのひとも多数であるのは多く見かけたしなんしろ私もそのひとりです。
私が素直にただ「すげーーーー」てなれなかった理由としては、別にEXOちゃんが日本デビューしてないからとかドーム早すぎとかそういうのとは全然関係がなく、ただ単にSHINeeちゃんと比べてみたときに「人気のバロメータ」的なものがどうしても可視化される感じがしたからであった。いや比べるもんじゃないとか言い出したらそれこそキリないですけどね。

ツイッターでもおいおい見かけた意見ですが、私も、別に「東京ドーム」という場所が、いわゆる「聖地」ではないんだろうという風には思っている。あそこは別に、ただ5万人が収容できるコンサート会場、以外のなにものでもない。それでもまだ東京ドームに意味があるとすれば、それは多分「それだけの数の人間を集客できる」ということじゃないか。

SHINeeちゃんのドームの時にも思ったけど、なんやかんや言っても一度に5万人とかそういう数の人間を集めてコンサートやるなんてやっぱすごいと思うんですよ。場所はどこであれ。別に日本じゃなくてもどこでも。
分かりやすい人気のバロメータ的な意味でとっても見えやすい。
ドーム公演は儲からないみたいな話もちょいちょい見かけますが、まあ私は芸能関係のことはよくわからないただのサラリーマンなのでその辺はちょっと置いといて、でもやっぱドームで公演するほどのファン数確保できるってのはやっぱりすごいんじゃないかなあと思うわけです。
特に「アイドル」というものにとってはなおのこと。

「みんな違ってみんないい」のはもちろんそうにしたってやっぱ芸能人、人気の大小というのはそれなりに大事だと私は思う。
全く人気がなくたって私はいいよ、応援するよ、とはちょっと思えない。やっぱね、それなりに高み的なところでキラッキラに輝いていてほしいわけです。アイドルは。頂点極め続けるのは難しいし無理だろうし本人達にもキツいでしょうが、なんつうのか、「頂点」じゃなくてもいいとは思うが「頂点」があんまりにも遠いのはちょっとキツいなみたいな。これはあくまでも私の考えですが。
最近ツイッターで「おれ達についてくれば天下獲れるよ感」大事っていうの仰ってた方おられましたがそれ。

なんつうの、ナンバーワンにならなくってもいいもっともっと特別なオンリーワンって、あのね、ナンバーワンになれば自動的にオンリーワンにもなるんだよね!!!!!!???

 

てまあ私の「複雑な心境」というのは上記のようなしゃいにちゃんモンペ(まさにモンペ)精神だったわけなのですが、それとは別に気になった言説があった。
EXOが東京ドームに立つのは早すぎる、それは先輩グループ達のような苦労をしてないし、日本語曲もないし、日本でビューもしてないし、日本語だって全然喋れないじゃないか、というもの。

「東京ドーム」という場所に立つためには日本デビューし、日本で苦労しながら一生懸命日本語も勉強し、そしてやがてついに…!みたいな物語が、思いのほか求められているということに驚く。
別に何万人の人間を動員できるんならデビュー1年でやったっていいんじゃないすかとか思うんですがどうもそういうもんでもないらしい。
今のEXOちゃんの状況だったら多分アリーナツアーじゃチケット取れないだろうし、この人気の規模でアリーナツアーというのもちょっとなあと思う。だったらそれより大きな会場、ドームでするのも道理である。

しかし、例えばまさに東方神起先輩のごとく、小さなホールからスタートし、少しずつファンも増え会場も大きくなり、そして今東京ドームと言う感動のステージへ、的苦労物語がなければ「感動できない」というのもどうかなあと思う。それこそ苦労の消費みたいでちょっと怖い。
確かにSHINeeちゃんのドームは感動しました。その感動のなかに、デビュー以降そこまでドカンともいかずそれでもやってきたそれこそ「苦労が報われた」的物語が多分に含まれていたことは否定しない。何を隠そう私も大感動したひとりだ。

とはいえ、多分そのグループの、或いは歌手の、それぞれにはそれぞれ、特段見えやすいストーリーはなくとも皆物語りは持っているし、「苦労」してなきゃ応援できないなんてそれこそ恐ろしい話だ。
私達はアイドルの苦労を見たいんだろうか。苦労してなきゃ感動できないんだろうか。ていうか、アイドルになんでそんなに「感動」したいのか。彼らは「感動」を売ってるわけじゃない。彼らはパフォーマーだ。「感動」なんてものを切り売りさせるのは、私はフェアじゃないと思う。彼らが努力して積み上げてきた歌やダンスやその他の実力が、そんな「苦労」や「感動」なんてものに代替さらて消費されるとしたらあまりにも彼らの努力に対して失礼だろう。


そして「日本語」。「やっぱり日本語が喋れなきゃ」というの。
結構みかけた。それから「日本語曲」についても。

確かに通訳さんを挟むと、ワンテンポずれが生じるので、直接わかる言葉で喋ってもらえたら嬉しいと思う。特にMC。当たり前だ。だって私日本語しか分からないもの。
私は韓国語は本当にアンニョンハセヨカムサハムニダが分かるくらいのレベルしかないし、英語も中高6年間に大学まで行ったくせにマジで全然わからない。私がわかる言語はこの世で日本語しかない。だから日本語で喋っていただければありがたいし嬉しいに決まっている。

彼らが日本語を勉強して喋ってくれることに感動、でもそれは日本という市場に進出するためにあくまでやっぱり「ビジネス」で勉強しているわけで、そりゃ興味なきゃ修得は難しいとしても、例えば来月から中国支社に転勤になりますってことになったら誰だって必要に迫られて中国語勉強すると思う。それと同じだ。それで中国語がちょっとずつできるようになって現地でコミュニケーション自分でとれたらそのほうがよりいいってものだが、なんというか、ドームでやるからには「やっぱり日本語喋れなきゃね」みたいな立ち位置ってモヤる。

先日ポールマッカートニーが来日公演してたけど、それこそ彼らに「やっぱり日本語喋れなきゃ」なんて言うひとは皆無だ。ワンダイレクションとか。ワンダイレクションが来日公演するからって「日本語でMCできなきゃ」みたいに言うひとは皆無だ。
「英語ならわかるひとが多いから」は違うだろと思う。だってゆうて大体みんなわかんないだろ、英語。そんな英語圏の歌手が英語で公演やってみんな全然問題なく分かるみたいな状況だったらこんなガラパゴったりしてないはずだ。
歌詞を知りたいなら調べればいい。私達が英語の歌詞を分かりたくて調べるように、韓国語の歌詞だって勉強して調べればいいのだ。それと同じことだ。

ワンダイレクションとKpopアイドルは違う、というかもしれない。じゃあ何が違うというんだろう。両者は同じ単なる「外タレ」だ。何も違いは無い。
それとも「アイドル」だからなのだろうか。「アイドル」というのは同じ言語で交流を深めなければ成立しないものなのだろうか。


彼らが日本語を喋ってくれることに対して「嬉しい」ってそりゃ嬉しいけど、そこに過剰に「感動」を期待しすぎてる気もする。
そりゃビジネスだから、必要だから、一生懸命勉強するよ。私だって来月からどっか海外の支社に転勤ねって言われたらその現地の言葉頑張って勉強するよ。
けども、その勉強することに対して「それくらいに日本のことを好いてくれているんだね」みたいに消費されたら、それちょっと違うだろと思う。そういうナショナリスティックな感情と絡めて発言するのは危険だ。
じゃあ「すき」じゃなかったら好意をもてないのか。

よく「親日国」とかいう言葉を耳にするけど、耳にするたびに、どうかと思う。この世にそんな国なんて存在するはずがない。「国」がすきとか嫌いとか。
その地域の文化が「素敵だ」と思ったりすることはもちろんある。それからその地域の言語が「おもしろい」と思って勉強したりもする。
けども、それはその「国」がすきとかきらいとかそういうことではない。それはあくまでも個人的な感情であり、また個別の感情だ。
アメリカという国の自由なところに憧れたりはするけど、アメリカという国自体をすきというわけじゃない。国民皆保険がない国ってやばいな、とも同時に思う。

例えばひとだってそのひとの「全部がすき」なんてありえない。どんなにすきなひとでも、「それはどうかな」と思うところもあるしそれが健全だろう。「そのひとの全てがだいすき、嫌いなところなんてない」ってそんなゾッコンラブラブ状態、ありえるかもしれないが長くは続かない。

あの国は親日、あの国は反日、とか、そんなのありえるはずがないのだ。それぞれに色々な面を持っていて、あるひとにとっては好ましく見えたり、そうでなく見えたり、しかし全ては個人の見方ひとつだ。
確かハンナ・アーレントだったか、「世界はそれぞれの人間にそれぞれ別の見え方で開かれている、誰一人として同じようには世界は開かれていない」というようなことを言っていたかと思う。ひとつのレッテルで決められることなどなにもない。ましてすきだの嫌いだのという主観的な感情は。

日本のことを「すきだ」と見えるように、日本語を喋ったり日本語の歌を歌ったりしないんだったら「すきになってやれないよ」なんて随分恐ろしい。
しかもそれがワンダイレクションには求められないのにKpopアイドルには求めらるなら尚更。(別にワンダイレクションだって日本語喋れなきゃやっぱり日本のメインストリームには入れないよね、なんて結論は求めていない)
日本で日本語で「頑張ってくれる」から愛すのか。じゃあその対価がなかったら愛せないのか?


「日本語曲」については好みが分かれると思うが、特にSHINeeちゃんについてですが、韓国曲のクオリティの高さは本当に素晴らしいと思う。そんでそれを差し置いてまで演るほどの日本曲があんのかい、と思ってしまう。日本曲かわいいですよ。かわいいです。本当にかわいいです。「酷い」とは思いません。悪口は言いたかないです。
けど、韓国で発売したアルバムの曲のクオリティにはやっぱ届かないだろと思う。日本の曲のほうが断然いい、というひとももちろんいるでしょう。私は、そう思わない、という話です。

私は、韓国アルバムの曲のほうが断然いいと思うので、その曲をたくさん演ってほしいと思う。あんなに素晴らしい曲がたくさんあるのに、それを披露する機会が日本にないのは本当に本当に惜しいと思う。
カワイイのはそりゃカワイイ。めちゃくちゃカワイイ。けど、そのカワイイ地獄に引き留めて、彼らが作り上げた韓国での作品が、ただ「韓国語で歌っている韓国の曲で日本語バージョンがないから」という理由だけで披露する機会がないんだとしたら、本当に悲しい。

彼らの拙い日本語を「カワイイ」って言うのも大体が結構なギルティさだ。拙いに決まっている当たり前だ。母国語以外の言葉を喋ればみんな拙いに決まっている。
その拙さをあたかも「彼ら自身の拙さ」とみなすことは酷く危険だ。
彼らは母国で喋れば普通の、年相応の考えや言葉をもつ人間だが、言葉が拙いとまるで「こども」みたいに思えて、それを忘れがちになってしまう。

前にまみさんが以下のようなツイートしてたけど、いやまさにそうだよねと思う。

「拙さ」を愛すために、あえて取り入れられている「演出」としての「拙さ」だとしたら、なんで「拙さ」を求めてしまうのか。「拙く」なければ、カワイイって思えないのか。
自分より下位のものに対する感情が「カワイイ」ならそれって、ということについては過去にも色々と考えてみたけれども。 

かわいい、あなたのすきはかわいい、私はすきを諦めない、そのすきは、「ほんもの」? - 腐ハウスブログ

加えて、やっぱり、「日本語を話せ」と言うとき、私達は過去の歴史について無知にすぎるとも思う。
日本と韓国、日本と中国、日本と台湾、日本と東南アジア、過去何があったか。ほんの70年ほど前の話だ。日本が植民地支配を行い戦争をした過去は。日本語や日本文化を押し付け、独立運動を弾圧し、という過去があった。私達は恐らくその過去にあまりにも無知だ。「日本語を話せ」という言葉が過去にどんな暴力を帯びていたのか、私達は知らない。あまりにも知らない。それを知らずにその言葉を発することは、自分の言葉の暴力性に対して、無知にすぎる。

 

アイドルは単なるエンタメかもしれない。小難しいことなんて忘れて楽しむのがエンタメかも。でもそうやって単なるエンタメとして消費して終わるようではありたくない。私は。
せめてそうやって自分の消費を省みることが、「アイドル」というものを消費することの罪滅ぼし、にはならないにしても、まあ最大限できることかもしれない、と自分を慰めているからですが。
でも、アイドルもやっぱり人間だし、誰かをすきになったら、やっぱり、より誠実になりたいって思うじゃないか。

だって恋だもの。

 

 

朝鮮史 (新版 世界各国史)

朝鮮史 (新版 世界各国史)

北東アジアの歴史と朝鮮半島 (放送大学教材)

北東アジアの歴史と朝鮮半島 (放送大学教材)

尹東柱詩集 空と風と星と詩 (岩波文庫)

尹東柱詩集 空と風と星と詩 (岩波文庫)

朝鮮人強制連行 (岩波新書)

朝鮮人強制連行 (岩波新書)

 道―白磁の人― [DVD]

道―白磁の人― [DVD]

 心で知る、韓国 (岩波現代文庫)