腐ハウスブログ

腐女子4人でシェアルームしてます。

腐ハウスの毎日とそれぞれの毎日

東京ドームという現代の大聖堂で週末新たな神が生まれたんです  SHINee World 2014~I'm Your Boy~Special Edition in TOKYO DOME 参戦記録

終わった。終わりました。
SHINeeちゃんの東京ドーム公演2Days。


あのアリーナツアー初日の広島での発表から4ヶ月。
あのときにはまだまだずっと後だと思っていたんですがいつの間にかもう来ました。そして終わりました。

 

もう1週間前から謎の緊張というかドキワクというか遠足前の小学生って感じで眠れなくて、朝4時頃起きちゃったりしてでもまあ二度寝するんですけども。
それでついにやってきたんです。当日が。


私が最初にSHINeeをちゃんと知ってファンになったのが2013年11月、最初に生身のSHINeeを見たのが2014年1月香港のファンミーティング。そこから1年少し経ちました。
その間にキーちゃんのユニットやらテミンさんのソロデビュー、東京ドーム公演開催決定、ジョンヒョン君のソロデビューと色々あって、私なんかこんなSHINeeの素晴らしい時間に偶然いきあえてどういうことだろうこれはと思わざるを得ないような1年間でした。
そしてやってきたドーム公演。
こんな歴の浅い私がここに立ち会ってしまっていいものかと本当に思いましたけど、でも本当にいきあえてよかったと今心から思っています。本当に嬉しかった。
デビューから、あるいはデビュー前から応援していた皆さまの心持ちや如何に、とほんとに思います。私でさえ本当にこんなんなので。

 


というわけでドーム公演のレポという名のポエムを書き綴ります。もうね、ポエム詠まざるを得ないよね。私2日目あんまり泣かなくて、終わった後も放心してたけどその後入ったインド料理屋(空いてた)で泣き出したからね。もうね。なんかもうね、ポエムが体内でめっちゃ醸造されたよね。SHINeeちゃん尊い。

 

さて。ところで当日なんですが、大阪で東方神起、ソウルではEXOのコンサートという日程で、正直そんなファン層のかぶっているグループが同日日程でコンサートをやったら東京ドーム埋まらないんじゃないか、と本気で心配していた。
ごめんなさい、でもほんと心配だったんですよ、年末のびっべんコンでドーム埋まらなかったという話を見かけたりしそうだよなドーム、5万人も来るんですよ、5万人にその日の予定をSHINeeとさせる必要があるんですよドームは。

果たしてそんなひとたちが5万人、二日間、いるんだろうかと、心配してしまっていた。直前までツイッターでは譲渡が回っていたし。 

しかし当日、会場に入ってみたら、そんなのは本当に杞憂だった。めっちゃ上までひと入っていた。本当に一番上まで入っていた。私は己を恥じた。埋まらないんじゃないかとか舐めた発言をした己を恥じた。全然埋まっているじゃないか。全然埋まっているじゃないか。私は己を恥じた。ごめん。ほんとごめん!!!!

 

そして照明が落ち、始まった公演。
旗を持った人々がばーーて入ってきてそしてせり上がってきたセンターステージからSHINeeの5人が上がってきたときなんかもう地鳴りだった。5人の影が見えて、どうしていいかわからずとりあえず叫ぶほかなく。
ていうかめっちゃ人件費かかってる!!!めっちゃお金かかってるステージ!!!!!

そんでいきなりEverybodyからはじまってもういきなりそれからやるの!!いきなりそれからやるの!!!!
!!
しかも衣装が素晴らしくて、王子様。完全に王子様。
今までの衣装はなんか白くてピカピカしててアイドルっぽいな~て感じだったけど今回はもう完全に本物の王子様だった。
白地に金のピカピカがいっぱいついてまして、周囲のみんなも叫びながら「え、王子様!?王子様!!!」て口ぐちに言っていた。

 

前に東方神起のドーム公演のDVDを見た時に東方神起先輩っていっつも王子様みたいな衣装着てるなと思っており、やっぱ先輩はちげーなと思ってたんだが王子様のようなSHINeeちゃんの姿を見て、ああ、SHINeeも王子様になったんだついに、と思った。SHINeeちゃんもこのドームに来て本当に王子様になったのだ。ドームで王子様になったSHINee
なんかもうそれだけであーーーもう王子様だ…王子様だったんだ……!!!!!!て涙。涙した。
みんな王子様だったけど特に金髪になったテミンさんの王子様感はこの世のものとは思われないようで、王子様ーーーーーーーーまじ尊いーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

EverybodyからはじまってLucifer、Sherlockとメインの曲をガンガン立て続けにやるからもう会場の盛り上がりがハンパではなくて、特に初日、SHINeeの5人のダンスのキレキレさは未だかつて見たことがないほどだった。私の席は1階三塁側だったのだけど(まさかの2日間ともこの位置)、普段からも素晴らしいのにそれでもなお一層、私の肉眼からも5人のダンスの未だかつてない力の入り具合と気合が分かった。とにかくすごかった。

 

掛け声もすごくて、5万人の掛け声ってこんなんなんだ、と驚くくらいちょっとすごい大きさだった。今までアリーナの掛け声見てたけど5万人いると歓声も反響もこんなにすごいんだなと思った。
DVDで東方神起のコンサート見ると掛け声ハンパじゃないなと思ってたんですがこれって人数っていうのも大きかったんだなと初めて理解。さっきから東方神起ばっかり引き合いに出してるんですがいや、見慣れたドーム公演といえば東方神起だったもので。DVDだけど。

とにかくステージ上のSHINeeの輝きは未だかつて見たことがないくらいのすごいキラキラぶりで、発光していた。
Replayではオリジナルバージョンで、しかも昔の映像入りというニクい演出でスタッフさんありがとうわかってらっしゃるマジありがとう泣。
今ここで踊る彼らと昔の彼らが交互に立ち現れて、みんななんて立派な大人になったんだなあと全てのファンが振り返ってしみじみできるターンが用意されているこの痒いところに手が届く感。
いいコンサートになる、絶対なる、とこのとき思いました。

続くターン、BounceからHitchhiking、Evil、Picasoと続く流れは去年のツアーから大好きなのだけどドームで見るとまた格別でした。おぬひょんのタップダンスまで入ってたし。ていうかあそこのおぬひょんの表情がエロい。
韓国盤だと私はThe Misconceptions of You & Us が一番すきなんですがなかでもHitchhiking本当すきで。Evilもパフォーマンス本当に素晴らしい。昨年のソウルコンで見たときからもう素晴らしさに撃ち抜かれてます、これらの曲のパフォーマンスについては。このキレキレなダンスや振り付けの素晴らしさよ…


バラードのターンに入ってすごい帽子かぶって出てきたあと(あの帽子でキーちゃんが出てきたとき「なんじゃありゃ」と思ったのはちょっと秘密である。美しかったけど帽子めっちゃでかいね。重そう…)、5人がにゅーーーん、てすごい高いところまで装置であがったんだけども、そのときめちゃくちゃ尊い気持ちになった。
位置上、私は彼らをそれでも見下ろしていたんだけど、気持ち的には完全に彼らを仰いでいた。
このにゅーーーんて上がる装置についても東方神起先輩で見たことがあって、見たときには「やっぱ東方神起すげーな」とか思ってたんですが、あ、SHINeeちゃんも上がった、SHINeeちゃんも登った………!!!!と思って。

光が差すなかでバラードを歌うSHINeeちゃんの姿はもはや神々しく、そして特に初日、キーちゃんとジョンヒョン君は既に泣いていた。泣くの早い!まだ始まってから1時間くらいしか経ってないよ!!!
でも私も泣いていた。SHINeeちゃんは今この瞬間に神になったと思った。新しい神が今ここで生まれたと思った。東方神起先輩が古よりの神だとすれば、SHINeeちゃんは今まさに、この瞬間にうまれたばかりの神で、生れ落ちたばかりの光に包まれていた。
あまりにも尊かった。


で、ソロステージなんですけど。


めちゃくちゃ素晴らしかったんですがとにかく5人5様に素晴らしすぎ。
まずジョンヒョンさんですがやはりソロ!!ソロですよね!!!Deja-booデスヨネ!!!!!
あのSHINee色のスーツでステージに現れたときにもう私のなかのテンションは最高潮でした。きた!!でざぶきた!!!!!

ららら、ら、ら~らら~らら~、ら、ら~らら~らら~

で煽ってくるジョンヒョンさんカッコよすぎ。私最近やっと気付いたんですけどジョンヒョンさん単にカッコいいひとだよね…?オシャクソ(オシャレサブカルクソ野郎の略)でまじで単にカッコいいだけのひとだよね…?
ちっちゃいけど別にちっちゃくないしまじただのイケメンじゃないか!このやろう泣!!!!!!

でざぶまじで素敵な曲すぎます~泣~~って感じでしかしこの曲オシャレすぎて掛け声難しすぎ。一応予習していったけどあんまりうまくできなかった。申し訳ない。
でも本国にはとても行けなかったしでざぶ生で見られて本当に本当に嬉しかった~~~ジョンヒョンさんまじ素敵すぎ~~~
因みにジョンヒョンさんのソロデビューミニアルバム中だと、NEONとモノドラマが私はだいすきである。全部の曲聴いてみたい。生で。

次はおぬソロ、フューチャリング、テミンさん。
まじでか。それ、やっちゃうか。
私の第一声はそれであった。
ピアノを弾くテミンさんは大層美しく大きめでダラダラの薄いシャツをまとった姿はまるでいかがわしい天使であった。ていうかピアノ弾けるんだったテミンさん。多芸すぎるだろ。前から思ってたけどKぽアイドル多芸すぎ。どこまで芸の幅広げてんのよ。

反対にスーツ的衣装をかっちり着たおぬよんの、徳永秀明:レイニーブルー。前日のオールナイトニッポンでも、おぬよんは小田和正をあげており、おぬよん本人の好みはまあ知らんとして、自分の声質をすごくよく見極めているんだなあという印象でした。素晴らしくあっていた。
またカメラワークが素晴らしく、時々けだるげにピアノを弾くテミンさんとおぬよんの背中が映し出されるという神画面で、テミンさんの口元を見ると歌を口ずさんでおり、もう、なんなんだ。どうしたらいいんだ。
ちなみに私おぬ×てむシッパーなんですけど(リバあり)もう尊すぎて妄想とか全部飛んだね。全部飛んだね。尊すぎ。
尊すぎて妄想とか無理。泣。

 

そして歌い終わったところでのおにゅひょんの涙ですがこれは反則だろう!!!おにゅひょん、なんて悪い男なんだおにゅひょん!!!!
おにゅひょんの「アイドル・オニュ」と「イジンギ」の二面性には震えながら立ちすくみたい系ファンですけどもなんか今回のドームではちょい、ちょい「イジンギ」が見え隠れした気がして(その前の握手会後ユーストでも疲れすぎてイジンギ出てたけど)、もう、その涙!ずるいぞおにゅひょん!!イジンギ絶対悪い男だろ!!!!!(泣きながら顔を覆う)

そしてテミンさんとお辞儀して去っていく二人………
テミンさんそれシャツそんな胸元あける必要あった!!?
テミンさん最近肌見せしすぎじゃない?そこそんな見せなくていいのよ?ねえ若いから気付かないのかもだけど脱げばいいってもんじゃないのよ、ねえ、脱げばいいってもんじゃないのよ!!!

いやーーーー………もう、もうね。この儚げピアニスト少年とちょっと悪い男のお先真っ暗ラブストーリーとかそういう系の演出ほんとさあ…ほんとさあ………!!!!!


と思ったら会場が怪しい光に包まれてそしてステージに現れたのは…現れたのは…………

き……キムキボム女王様ーーーーーーーーーーーー!!!????
素肌に革ボンテージに鞭持ってマスク姿とか…おおおおおおおおおおおおおマジなのかよーーーーーー!!!????

私「イヤーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」って頭抱えて叫んだからね。瞬間。なんこれもうすごすぎ。キー様すごすぎ。
まじでもうすごい挑発的なパフォーマンスでキー女王様鞭ビシビシするし男神輿の上で身体反らせたり二日目にいたってはM字開脚もなさっておりそして腰をぐいんぐいん振るしもう女王様!!!キボム女王様!!!!!
さらにさらになんとファンをステージにあげるという驚くべきパフォーマンスがあったんだがなんていうか「やだどうしよう~(胸キュン)」というよりはどう見ても公開調教という感じで最後鞭突きつけられてましたけども跪くしかないじゃん。もう。踏んでくださいって言うしかないじゃんあれ。呆然…。

ほんとすごすぎた。キー女王様のパフォーマンス最高すぎた。こんなに素晴らしいパフォーマンスが見られるとはドームってどういうところなんだマジで。
ていうかキー様「イメージを変えたかった」ってこのパフォーマンスにしたらしいが全然イメージ変わってないよっていうか知ってたっていうか待ってた!!!こういうのを待ってたんです!!!!!!!
曲もオリジナルだそうで、これでソロでないかなキーちゃん。これでソロ出たらもう一発で買うし応援しまくるのに…


興奮の余韻さめやらぬところ、突然ステージにバレリーナが。
「バレ…?」と思ってるところになんとマント姿のミンホゥが登場した。
みん…ほう…?なんかよくわからないが王子様とお姫様みたいなバレエみたいな舞を舞うふたり。なんかよくわからないがミンホゥに既視感…これは……ハッ タキシード仮面様や!!!!!!
タキシード仮面様よろしくものすごい長い手足で軽やかに舞ったり飛んだりするミンホゥ。なんなんだこれは。なんなんだこれはミンホゥ。

と思ったらなんか姫は救えず?姫と離れちゃって?バレリーナさんどっかいっちゃったと思ったら?

突然流れてくるめっちゃ愉快な音楽。

???????????
と思っていたらめっちゃすごい数の人間出てきてなんか楽しそうにやりだしたら行進しながら出てきたの………

ミンホゥやないか!!!!!!!!!!!!!!!!
えっ えっ なにこれミンホゥ……なにやってんの!!?????
ピンクのぴたぴたスーツに黄色い帽子と蝶ネクタイ、そしてリュックという謎すぎるいでたち、ものすごい愉快に踊るミンホゥ。ケラケラじゃんけんという曲らしい。ちょっと前に流行っていたらしい。全然知らなかった私である。
なんなんだこれは一体!!痛快エブリディか!!!!!!!そんで足が長すぎるぞ!!!!!!!!!!!!

もう膝から崩れ落ちたよ私。泣き笑い状態で膝から落ちた。まじこの痛快エブリディ状態どうしたらいいんですか。
ミンホゥはものすごく長い手足で痛快エブリディに踊ったのち、愉快にステージから去っていった。
残された観客はさっきのキー女王様とは全く別の意味で呆然状態。ミンホゥ………振れ幅が広すぎるだろ!ていうか前半のバレリーナタキシード仮面様、いった!?ねえいった!!?あれなに??
キー女王様から痛快エブリディという流れに振れ幅広すぎて振り回されるしゃをる5万人。なんかもうSHINeeすげえ……

ていうかあとから気付いたんですけどミンホゥのソロステージすごい人件費かかってた?エキストラのダンサーさんめっちゃいたしバレリーナさん呼んでるし、………
ミンホゥ!!ミンホゥ!!!だいすきあいしてる!!!!!!(号泣)

そしてそこへ満を持して登場するのは私達のマンネ、テミンさんだよ!!!!!待ってた、待ってたんだ、Danger!!!!
Dangerは私はSMTぶりに見ましたが、よかったです。新しい演出が入ってて、ほっっそい身体のテミンさんがゆらゆらしながら銃撃つ演出マジ最高。最高に厨二でマジ最高。やっぱテミンさんは厨二でこそ最高に輝くムーンライトなんで、マジで。最高。だいすき。美しい。美しさこそ大正義。この世に正義があるとしたらそれは美しさだ。

最後期待通り脱いでくれたテミンさんですが、最近君は本当に脱ぎすぎではないかとか脱ぐことに味をしめたのか、脱げばいいってもんじゃないんだぞテミンさん…!
とまるで老婆心と心配なそぶりを見せてますが脱いだ瞬間めっちゃ喜んでる私ですよ。ごめん…ごめんな…でも脱いじゃうテミンさんだいすきなんですよ!!!


いやー……今こうやって振り返っていても本当に素晴らしいソロステージだったね。ジョンヒョンさんのオシャクソソングからしっとりバラードから女王様から謎のじゃんけんソングからテミンさん厨二大爆発まで。こんなに全てが取り揃ったソロステージ本当素晴らしい。

あと、韓国でしかプロモをやっていないテミンさんやジョンヒョンさんのソロについて、直で見るのが初めての人がほぼほぼなのもあり1日目は掛け声が微妙なかかり具合だったのが、2日目にはすごく完璧になっていたのが本当にすごいなと思った。
だって1日目終わった後、何万人ものひとたちが「ああ、復習しなきゃ」って思ってYoutubeとか見て復習して、あるいは2日目にいくひとたちがその情報をキャッチして、別に誰が命令した訳でもないのに2日目には完璧になってたって。それってほんとにすごいことじゃないかと思います。
私も復習組でした。ジョンヒョンさんの曲、オシャレソングすぎて掛け声のタイミングが難しいのよ~

そもそも掛け声ってこのSNS時代だからこそ可能なすごい技ですよね。韓国ではマスターさん達が音頭取ったりしてくれるのかもしれないけど、日本ではもう個々がそれらの情報をキャッチして個々でやるしかない状況じゃないですか。
それでこれが実現される世界ってすごいなと、Kぽ見出してから感心しきりです。

あと、ソロステージ見ながら、こうやってちゃんとそれぞれ個性出しつつ、だからこそグループってやっていけるんだろう、としみじみ思った。
SHINeeの5人はプロのアイドルなので、自分のやりたい音楽やその他があったとしても、「まずは僕らはアイドルなので」って「仕事としてのアイドル」を優先させてきたと思う。
けども、でもそれでも、いくらプロでもやっぱり、あまりにも自分のやりたいことと仕事が乖離してきたらしんどくなってくると思うんですよ。やっぱりね、ジョンヒョン君みたいなオシャレソングがすきなひとが延々ダサかわアイドルソングばっかやってたらそれはそれで、もちろん仕事として彼はプロとして完璧にこなすだろうけど、やっぱりしんどくなってくると思うんですよ。
彼は「まずは自分よりも『SHINee』を優先する」と、言うけれども。

ひとりよがりな「やりたいこと」に身を任せるのは浅はかだけど、かといってあまりにも「仕事」だけに時間をとられたら、やっぱりしんどくなる、と私は今実際仕事してて思う。
「これはやりたいことじゃなくて仕事だから」って思うと、責任感もモチベーションも保ち続けるのは限りなくしんどいことだし、やっぱり多少はそこに摺りあわせというか、重なる部分は必要だと思う。長くやるならなおのこと。

なので、会社がちゃんとバックアップして、ソロの活動(それなりに自分がやりたいような分野と被る活動)と、仕事としてのSHINeeというアイドルの活動は、やっぱりバランスがあるからこそ両方より一層輝くと思う。だから会社はそのバランスほんと、ガンガンやってほしい。ジョンヒョン君のソロめっちゃよかったよ。社長、会長、頼みますが!!
とりあえず今SHINeeはそういう意味でかなりバランスがいい状態を保てている方なのかな、と見えるのは私の目にとって、ファンである私の目にとって、希望的観測ではありますが、そう思う。

そんなことを思いながら進むステージで、素晴らしく充実したソロステージのあとはダサかわ日本曲のターンで、いやね、ダサかわ曲もコンサートでは輝きますほんと。
Everybodyとかあってからのこういう曲もあるっていう幅の広さは本当に素晴らしいなあと思わされる。なんでぐんまちゃん来たのかはよくわからんかったけど。
そして新曲Your Numberが来て、畳み掛けるように最後に続きます。

1日目、テミンさんがYour Numberで突然踊れなくなったときは心臓止まるかと思った。
最初は笑ってたけど段々表情が固まったので、「あ、これマジなやつだ」とわかり。
そのあとBreaking Newsで4人しか出てこなくて、あ、これほんとにやばいやつ?となり。

4人の表情が死んでるのみて、あああ、これつらい、つらい、つらい……!!!としか思えなかった。
あと、テミンさんがいなきゃ駄目だこのSHINeeってグループは、とこんなに思い知らされたこともなかった。めちゃくちゃつらかった。この5人のグループってひとりでも欠けたらだめなんだ……と改めて今更だがめちゃくちゃ目に見えてわかって、すごくつらかった。
なので、踊れないけど頑張って戻ってきてくれたテミンさんのプロぶりに敬服して、しかし無理はしないで~と思いつつしかしほっとしていたのだ私は。
だってテミンさんがいなくて4人で踊ってるの見るのがすごくつらかったので。

1日目、ここからの踊れないテミンさんの「翼をもがれた天使」感はハンパではなく、もう見ててほんとにしんどかった。つらい。きつい。苦しい。
でもやっぱりSMエンタテイメントでめちゃくちゃに鍛え上げられた精神力は並大抵ではなく、最後には笑顔も戻ってたし、なにより一番ぐっときたのはお兄ちゃん達4人のフォローであった。
ダンサー紹介で、テミンさんが抜けてる状態で会場もざわざわしてるなか、最後テミンさんが踊るべきところ、4人で出てきて「ステ~~イ」ってやってくれたとき、本当にぐっときた。

仕事で集まっている、仕事をするためのグループである5人だけど、なので私には知りようもない深遠があるとしても、それでもなお、多分この5人にしか知りようのない何かがあるんだろうと思った。
お互いにひとりでも欠けてはいけない仕事をしている5人だからこそ。

2日目はテミンさんも、すっかりとはいかないけどガツガツ踊っていて胸をなでおろした。でももしかしてものすごく無理をしていたのならつらいけれども。後に記事では筋肉の痙攣と出ていたから大丈夫そうなのかしら。
1日目には見られなかった5人でのラストに向けてのたたみかけも素晴らしく、ラスト、5人がセンターステージに出てきてくるくる走って回ってるのを見たら、感動なのかよくわからないがとりあえず泣くとかもできないほど、息が苦しくなった。

Colors of the seasonの歌詞に「きらめく風に吹かれて できるだけ遠くまでいこう」というのがあるけども、私はそれを思い出した。

こんなに大きな会場は、しかしここは彼らにとって外国であり、彼らは外国語の歌を歌っていて、彼ら自身の言葉では語らず、外国語で語り、多分韓国での活動や自分達の位置についても本当にたくさんたくさんの思うことが、あるだろう。
できるだけ遠くまで、どこに行くのかはわからないけど、できるだけ遠くまで。行った先に何があるんだろうか。私には全然わからない。ただ、走って去っていく先に光があることを私は願うことしかできない。

最後、サプライズのメッセージとそのパールアクアグリーン(何度言っても覚えづらい色名…)の光の海に、メンバーが涙ぐむのを見ながら、私はひたすら、彼らの先に、光が満ちることを祈りました。
光になりたいなあ、彼らの記憶の片隅に残る、たくさんの光の一粒になりたいなあ、と思っていたけど、1年で叶ってしまった。なんということだろう。
彼らの記憶のなかにも、このいっぱいに広がった光の一粒一粒が、彼らがいつか「こんなこともあったな」って思い出す、幸せな記憶のひとつとして、あればいいと思う。
それだけが、私の、私達の、ファンという私達と、アイドルという彼らの、人生の接点であり、ファンとしての救済であり、許しであり、彼らのアイドルとしての、幸福をせめてもたらすものだから。


なんか、タイバニ第1期が終わったみたいな気持ちなんですけど。あ、タイバニっていうのはタイガーアンドバニーっていう腐女子界で死ぬほど大爆発したアニメなんですけど、なんか、第一期エンディングが素晴らしすぎて。
「行きますよ、……虎徹さん」ってバニーちゃんが言ってバニーちゃーーーーーん!!てなってオ~リオンをな~ぞる~って感動のエンディング。
で、第2期、どうなるの。どこへ行くの、第2期。
今そういう気持ち。

SHINeeちゃんの第2期、どうなりますか、どこへ走って行きますか。

でも今は、全然終わらない、全然いける、みたいな気持ちだ。
だってドーム上までぎっしりだったもん。
ていうか日程かぶってること社長みこしててまじでヨンミン社長様…!!!!
「ここにいるのは東方神起でもEXOでもなくSHINeeを選んだファン」って社長が言ってたっての聞いてもう社長様!ドS!!
2日目には韓国のジャニさん(?)ことイスマンそんせんにむもいらっしゃっており、テミンさんが「SM先生」とお呼びになっていたが、そんせんにむの目に、SHINeeちゃんは、このパールアクアグリーンの波は、どう映ったか。

第2期無敵、みたいな、そういう気持ち、だって新しい神様が今ここに生まれたから。
それにだって、まだスターブーツ履いてない。
スターブーツというのは宝塚のトップスターだけが履ける膝まであるブーツのことなんですけど、f:id:fuhouse:20150317181359j:plain

東方神起先輩はもう既に履いてるんですけど、f:id:fuhouse:20150317184309j:plain

まだ履いてない。王子様にはなったし、新しい神生まれたけど、まだ履いてないから。

走っていく先はまだまだある。
そこは光で見えないけど。
なので、スターブーツの日が来るまで私も走れないけどチャリン子にのって併走っていうか必至で立ち漕ぎ後追いするんで。
待ってろスターブーツ。
新しい神殿はまだ建ったばっかりだし、メソポタミアの大多神教時代だって追い越して1000年先まで、行くんで。

 

 

【追記】 

ところでVCRなんですけど、SHINeeチェスめっちゃよかったっすね!最後ちょっと面白くなってたけど!あとミンホゥの馬が「馬!!!」てなったけど。萌え爆発だった。おぬよんキングとかまじわかってるスタッフ。あと量産型テミンさんが個人的にツボだ。私も美女になってSHINeeチェスしたいぞ。

あとSHINeeアカデミーまじ入学したい!全体的に今回のVCRはまじでよかったっす!!!SHINeeアカデミーが一番良かった。じょんみちゃんかわいすぎか。あとキモヲタミンホゥおもしろすぎる。キーちゃんはさすがです。ていうかスタッフもファンのキモさよくわかってるやないか!!!!!!!!!