読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐ハウスブログ

腐女子4人でシェアルームしてます。

腐ハウスの毎日とそれぞれの毎日

君は左翼プリンスOwen Jonesを知っているか

あやさき

f:id:fuhouse:20150227163510j:plain

私たち界隈のみならず、世界のビッグスターとなったピケティ先生。その次に来るのはOwen Jones(オーウェン ジョーンズ)だぜ!!!!(独断と偏見)

Owen Jonesはイギリスのライター/コラムニスト。2011年に『Chavs: The Demonization of the Working Class(チャヴズ※―労働者階級の悪魔化)』(未訳)という本を出版しました。内容はこちらのブログで詳しく紹介されています。

 

Chavsチャブズと新自由主義 | Ramon Book Project

オーウェン・ジョーンズ・インタビュー | Ramon Book Project

 

 

 

めちゃくちゃ簡単に言うと、今の政治家やメディアは、「あのDQNどもってバカで怠け者だから貧乏で底辺なんだよ!自己責任! あいつらがパチンコやってアル中をやってられるのは、生活保護で真面目な皆さんが払った税金を食いつぶしてるからだ!あいつらを叩け!!」って扇動することで、労働者の敵意を悪者に向け、普通の人たちには「あいつら」みたいになることを恐れさせて労働させるって仕組みおかしいでしょ!って本らしい。

 

 

チャヴ - Wikipedia

一説によれば、「Chav」という名称は「Council Housed And Violent」の略称である。「Council House(カウンシル・ハウス)」とは、イギリス政府が低所得者層に提供している公営住宅のことであり、チャヴ達は普段これらの住宅に家族と共に住んでいる。服装はいわゆるストリートファッションであるとされ、フードの付いたパーカージャージに加え、特にバーバリーなどのブランド物を好んで着用する。またヒップホップ文化とも親和性が高い。たむろしている場所は自宅にあたるカウンシルハウスの周辺や公園、ショッピングセンターなど街のいたるところであり、彼らが電車や街頭などの公共の場所で一般市民に喧嘩を売り、暴言を吐く動画がYoutubeなどに投稿されている。

 

 

今、一部を除いて世界中が新自由主義ネオリベラリズム)という考え方で政治・経済が動かされており、それは日本も同じ。よく「ネオリベ」と言われますが、めちゃくちゃ簡単に言うと「政府は個人のことにかまうな!法律などでじゃまするんじゃない!」という考え方です。

 

「小さな政府」と言っている人は「政府が民間にかまうのは良くないから政府を縮小する」っていう考え。

あまり干渉されたくない人たちって大体お金持ちなので、法人税とか高額所得者への累進課税とかを高くするのも嫌いです。それで、「大企業とかお金持ちが潤えば、下の人にもおこぼれ来るよ(だから自由に儲けさせろ)」ってことを言ってたのです。

これが「トリクルダウン(滴り落ちる)」って呼ばれているのですが、前述のピケティ先生によって「トリクルダウンはウソだよ♡」と論破されてしまったからさあ大変! 本国フランスに続き、アメリカでも上へ下への大騒動になったわけですねー(いい気味だわホホホホホホホ)。

 

例にもれず日本の安倍ソーリもこっち派の方ですよ。生活保護は削りたいし、残業代はゼロにしたいし~。

 

悪魔化は、格差がある全ての場所において避けられません。考えてみれば、格差とは合理性のないものです。権力と富は、ごく一部の人の手にあるべきではありません。エリート層の人々は、賢く、働き者だから今いる場所にいるのが相応しく、下層の人々は、愚かで怠け者だからそこにいるのが相応しいという考えによって、格差は合理化され正当化されるのです。社会に格差があればあるほど、それを正当化するための悪魔化が必要となります。

https://ramonbook.wordpress.com/2014/05/31/las-cosas-han-empeorado-desde-que-escr/

 

 

リンクしたRAMON BOOK PROJECTさんのブログでも書かれてますが、日本の生活保護への「自己責任」というバッシングや「DQN」「底辺」というネットスラングを見るとまさにこれですね。そして「ブラック企業」「過労死」や、「残業代ゼロ法案」など様々なこととつながって見えますね。

 

 

この『Chavs』、欧州でもヒットしたそうで、講演が行われたそうです。しかし、このときOwen Jonesなんと26歳ですよ! 彼はThe Guardian や The Independent といったメディアで執筆していますので、ちょいちょい紹介したい。OJの名前は出てないですけど、ブレディみかこさんの「労働者階級の子供は芸能人にもサッカー選手にもなれない時代」(http://bylines.news.yahoo.co.jp/bradymikako/20150226-00043362/)も言ってること一緒だし、この人絶対きますよね!!!来い!!左翼プリンス旋風!!!!!