読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐ハウスブログ

腐女子4人でシェアルームしてます。

腐ハウスの毎日とそれぞれの毎日

クレイジーだけど本当は全然でしょ? ジョンヒョン君ソロデビュー

あけましておめでとうございます。
2015年。エヴァンゲリオンの年なんでしたっけ。今使徒が現れてくれちゃったらSHINeeちゃんの東京ドーム公演がおじゃんになってしまうので是非ともやめていただきたい。

そんな新年なんですが私は初っ端から風邪。早退。そしてインフルエンザ罹患!
年末年始は九州の実家に帰っていたのですが、帰ったら雪で家に閉じ込められ、しかも実家には居間の薪ストーブ以外暖房器具がなく、薪ストーブ焚いてたら折しもの悪天候で煙が屋内に逆流して家族全員で燻製になるという展開でした。今も持って帰ったぬいぐるみがまだ煙たい。
そして親戚が集まると「結婚とかどうなっとっとや」のいつもの話題なのはまあスルーするとして、最後に親に「あんたのことは諦めた」と高らかに宣言された。こんなに悲しい正月は初めてだったよ。
私だってやれるもんなら結婚して子供生んだりとかしてやりたいわ。


そんな幸先よくない新年スタートなんですが、気がついたらジョンヒョン君がソロデビューしていました。

f:id:fuhouse:20150111075543j:plain

昨年末からジョンヒョン君ソロデビューがまことしやかに囁かれてきましたが、ついにお披露目という感じ。
テミンさんに続いてSHINeeから二人目のソロデということで、もしかして何やら遠大な計画があるのかないのか、SHINeeとしてのカムバはいつなんですかなどSMに対して聞きたいことは山ほどあるんですが、とりあえずテミンさんのACEと今回のジョンヒョン君のBASEで何気にシリーズ感のあるのがSHINeeファンには嬉しいですね。

f:id:fuhouse:20150111080124j:plain


f:id:fuhouse:20150111080330j:plainf:id:fuhouse:20150111080319j:plain


SHINeeのなかでも音楽に対してはジョンヒョン君が1番思い入れがあるようだし実際作詞作曲も行なってきた訳で、念願のソロデビューができて、彼としてはひとまず素直に嬉しいのではないかと思う。
何よりSHINeeでやるのとは違う「自分のすきな音楽」を多少はやれたんかなという気も素人としては感じつつ。

ちなみになんですが私はまじで音楽に滅法詳しくないです!
Kぽにハマる前は全くもって音楽など聴かずとも生きていけるという人間だったので、まあだからこそハマってからの一年間もほぼSHINeeしか聴いてない。それくらいに私に音楽の素養はないです。
そんな訳で、今回ジョンヒョンさんの繰り出してきたミニアルバムに収められた音楽達については「おしゃれサブカルクソ野郎」略して「おしゃクソ」的な感想しか抱けてないわけなんですがとりあえずおしゃれね。おしゃれ。それだけは私にもわかる。おしゃクソオシャンティ。
あと、この一年アイドル界隈についてはそれなりに詳しくなったものの、そうでない韓国のサブカル音楽界隈については全くもって未知。(ゆうたら日本のサブカル音楽界隈も未知。ギリギリ知っててサカナクションくらいです。Kぽも洋楽も聴かずジャニヲタでもなくアニヲタでもないという女子というのは普段どんな音楽を聴いているものなのだろうか…)
という訳で、フューチャリングしているZion.T氏その他もろもろについても「誰やねん」状態である訳で、すまんジョンヒョン君、とりあえず君の音楽がなんかオシャンティでとりあえず君がそれなりにやりたっぽそうな音楽だな!という以上の感想を持つ素地が私にない!
でもソロがんばれ!!CDは買う!!!

それにしてもまずサブタイトル曲のデジャヴ、いつの間にか頭にこびりついて離れない。それからジョンヒョン君の歌い方が、サブカル曲調にしては多少脂っこすぎるのではないかと思ったが(サブカル音楽はなんかこう「張りのない囁きボイス」であるという偏見)、聴いてるうちに気にならなくなってきた。
しかし難しい曲だよねこれ、どこで掛け声入れるんだか予想がつかん。
それからタイトル曲のクレイジーについては、わかった、とりあえず君がミチンゴッカッタなのはよくわかった。KぽってJぽで「会いたい」って言ってるのと同じくらいの割合で「ミチンゴッカッタ」言ってないか。
こっちはMV見たらジョンヒョン君が脱ぎまくってて花火吹いててガスマスクしてた。花火吹くとこちょっと面白いって思ってごめん。テミンさんのときも思ったけど、普段SHINeeでカラフルオッパズソーキュートやってるからいっそ思い切り厨2みたいなのやりたくなるんだろうか…
いやオシャレでカッコいい曲だと思います!!!!

そしてテレビやセルカのジョンヒョン君を見て皆が一様に言っているのは
「ご飯ちゃんと食べて( ;  ; )」
であった。
いやほんとそう。君はほんとご飯食べて寝てくださいよ…!!!
だってまあ
f:id:fuhouse:20150111082645j:plainf:id:fuhouse:20150111082656j:plain

痩せすぎだよ!痩せすぎだよジョンヒョン君!!!!!!!!
MV見たら筋肉ちゃんとあったら少しほっとしましたが。
それにしてもボクサーみたいに絞り込んだのか知らんがあんたはボクサーではなく歌手である。
健康には問題ないようにやってんのかもだが、しかし見てるこっちが痛々しいのである。特に頬。こけてるよ〜泣
去年からこのひと痩せすぎじゃないかと皆が言っており私も言っていたのだが、まあ日々のラジオに加えてソロの準備もしていたから大変だったのだろう。
テミンさんがガリガリでも特に「痩せすぎで怖い」とか思わないのにじょんだとと思うのは、そもそもの骨格の違いもある。
テミンさんはそもそも多分肉のつかない体型と骨が細い骨格なのだがジョンヒョン君は違うのだ。彼は骨格的にそんなガリガリになってはよくない身体つきだ。
まあもうとりあえずご飯食べて寝てください頼むから…

などとファンは思ったりするわけだが、本人的にはどこまでやっても「これでいい」と思えることはなくて、とにかく前へ、前へ、より上へ、という気持ちなんだろうなと思う。
テミンさんもだが、彼らの「自分」に対しての焦りみたいなものは端々からひしひしと伝わってくるものがある。
みればまだ20代前半、一般人なら韓国でも日本でもまだまだ社会人なりたての新人で、遠大な計画のあるひとならともかく、そうでない私のような人間からすれば、まだまだ若いし大丈夫だよと言いたくなるわけですが、彼らはそうじゃない。
彼らは「遠大な計画のあるひと」の方なのだ。

彼らは日々、「これから自分達はどうなるのか、どうなりたいのか」の壁に立ち向かいそれをひたすら越え続けていっているのだろう、と私は遠くから思う。
SMエンタテインメントという大手事務所からデビューしたSHINeeというアイドルグループとしてはまあ、そこそこ、そこそこやれてる、という現況なわけですが本人達からすれば「まだまだ」と思うことばかりだろうし、もちろんこれから先の保証もない。
これから先も音楽やら何やらでとにかくやっていきたい、と願うのなら、彼らにとっては「早すぎる」「やりすぎる」ということはないんだろう。

彼らにとって彼らの地面は常におぼつかなく、だからこそ次へ、次へ、と走り続けていけるのだろうけど。

それにしても、去年あたりからジョンヒョン君はやたら「SHINeeが」「5人で」などと言っているなと思っていた。
そしてソロデビューのときのツイート。

なんかこんなにしゃいにしゃいに言われると逆に何かのフラグのように思えて怖いんですが、ジョンヒョン君!!!!

でもまあこう、彼としては、こうやってソロデビューができたことで逆に余裕ができたのかなーとも思う。これはテミンさんもだが。それなりに皆が個人活動で自分のやりたいことやできることを見つけて、自分はひとりとしてはこういう方向でやっていけばいいのかなみたいなのを曲がりなりにも見出せると、グループ活動を愛でる気持ちが生まれてくるのかもしれない。

最近続いているSMのソロデビュー、「長年の貢献者へのご褒美」という見方をしてる人も多いけど、まあそういう意味合いもあるんだろうとも思う。それからSHINeeの東京ドーム公演も。(ドームについてはEXOをドームに突っ込むための前フリとしてのSHINeeという気もしなくはないけど)ソロデビューして、本人達の気持ちが落ち着いて上向き、それによって気持ちよくグループ活動もできるんならまあそれにこしたことはないし。

去年相次いだ脱退劇を見ながら、私が抱いている「グループ」というものへの幻想とは一体何なんだろうと何度も考えた。
年末に、実家でテレビを見ていたら、嵐のハワイコンの特集の再放送がやっていた。
嵐のメンバー5人が話をしていて、リーダーの大野君が、「本当は嵐を辞めようと思っていた」と打ち明けていた。それは結局「目が覚めて」迷いはなくなったそうなのだが(実際そうだからテレビで言っているのだろう)、そしてハワイのステージ上で、涙ぐむ嵐の5人の姿や、「この5人でよかった」と語る姿。
私は、彼らの姿を見ながら、やっぱりSHINeeのことを考えていたのだった。
何度も考えるが、グループとはただ「仕事」のために集まっている人々の集合体であり、別に友達でもなんでもない。
それでも何故脱退や不仲がファンにとって苦しいのか、私たちが「グループ」というものに対して、期待しているものは何なのか。
そして彼らに、「この5人でよかった」と言わせるものは一体、なんなのか。

多分彼らの、「彼らにしかなしえない人間関係の濃さ」みたいなものを見たい、のだろうかと思う。
友達ではないからこそそこに現れる、友達や恋人のように優しく居心地がいい訳ではないが単なる仕事の同僚と言うには密度の濃い関係。
ライバル萌えとかに近いものなのかもしれない。
「お互いに認めあうそこにしかない関係」。

ジョンヒョン君がやたらSHINee言うのは、それが「意識しなければ続かない」関係だと知っているからかもしれないし、お互いにひとりで立てるからこそ、今ならそれを大事にしようと思える余裕やなんかかもしれない。
それこそ、大野君の「この5人でよかった」的なもの。

さてACE、BASEと続いて、次はC⚪︎⚪︎が出るのか、出ないのか。
ていうか3月ソウルコンみたいな噂聞いたんですけどまじなの…?まじなら飛ばなきゃジャン…!!