読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐ハウスブログ

腐女子4人でシェアルームしてます。

腐ハウスの毎日とそれぞれの毎日

SHINee World 2014 I'm Your Boy参戦記録 待ってろ東京ドーム、宇宙への旅だって構わん

謎の巡業ホールツアーが岡山でラストを迎え、そしてついに、神戸で先日ラストを迎えました。SHINeeの2014年のツアー。

11/1広島、11/8新潟、12/2・3代々木、そして11/13神戸に参戦しましたので、とりあえず記録を。

よく考えたら私日本でSHINeeのコンサート行くの初めてでした。
去年ハマったときちょうど日本のツアー中だったんですが、なんか行動が遅くて、いけなかったんですよね。今思えば多分チケがんばって探せばもしかして行けたかもだったんですけど。もったいないことした…

で、年明けに香港でファンミーティングあるよってのをネットで発見して、じゃあこれ行くしかない系じゃないかということになり、そこで初めて私は生きているSHINeeを見ました。海外遠征のいいところは海外旅行とセットで行けるってことですね!香港初めてだったんですが楽しかった。ご飯おいしかったし。

つってまあそのあとSW3ソウル台湾行ったり春のファンミーティング行ったりもしましたが、日本で彼らのコンサートに行くのは初です。
しかも一応アリーナ初日を取れたので、そりゃもうわくわくで行ってきました。
(それにしても最近気付いたのだが私が「レポ」というものが下手だね…?)


で、まず広島なんですけど妹と行きました。
妹は長崎在住なので広島で合流したんですが、会ったらいつのまにかしっかりとしたテミンペンになっていて驚いた。私の誕生日にもテミンさんの画像を送りつけてきていた。
もともと妹は高校時代の友達にSUPER JUNIORメインに追ってる子がいたそうで、その子から色々聞いてて一年前は私より韓流に詳しいくらいだったんですがそれにしてもお前もテミンペンなのかい…?とほのかに恥ずかしい。姉妹でおなじひとを追ってどうするのだ。いやどうということもないが。

コンサート前宮島に行ったんですが、その数日前におぬ、きー、みのの3人が宮島観光をしたという写真が上がっていたためか、そこらかしこにシャヲルがいた。3人が寄ったというお店などに女子の姿がちらほらあり、通りすがりに「ここにはSHINee3人で来たんですか?」とお店の方に訊いているのを聞いた。
こうやって聖地巡礼というのは行われてゆくのだな。私もせめてSHINeeの3人と同じところで写真を撮りました。雨でクソ濡れたが。

ていうかあれね、私一昨年の大河ドラマ平清盛」めっちゃハマってたんで宮島!宮島だよ!!平家納経!!
次回もっとちゃんと来たい…平清盛、よかったよね…大河歴代最低視聴率をたたき出したドラマだったけどさ…伝説となった「夜バサ」とかね、あれ清盛だったんですよ…とってもBLドラマだったんだ。玉木宏も輝いていた。みんな機会があったら見てみてね…やっぱ中世激萌えですわ。荘園とか激萌ゆる…応仁の乱の前後で日本の歴史にはものすごい変化があったという話ですが、やっぱその「今に続かない」(たくさん語弊がありそうなんでさらっと流していただけると幸い)過去、としての中世にはすごいこうビンビン感じるものがあります…!

宮島の後広島グリーンアリーナに入ったんですが、私の席はアリーナのステージ向かって左側、一番後ろのブロックでした。それでも結構、ちゃんと見えました。
その先日にSS6で東京ドームに入っていたせいか、それでも随分ステージは近いと感じた。
本当にそのときね、先日のスパショで見た東京ドームの景色を思い出してたんですよ。ああ、やっぱり近いし、東京ドームは本当に大きいところだったんだなと思って、アリーナと東京ドームってやっぱ全然違うんだなーとか思ってたんですよね。彼らが例えば東京ドームでやる日って来るのかなーとか。

 

そしたらですよ。

「ハーイみなさんにだいじなお知らせがありまーす」

しゃをる \?????(どうせいつものアイシテマスか?)/

「3月~14日と~15日に~~……………」

しゃをる \ファーーーーー????/

「東京ドーム公演決定しましたーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」

しゃをる \キャアアアアアアアアアアアアアアア/


ていうこれ。
いやもうね、泣いた。

ドーム。まじかドーム。
SHINee様ドーム、まじか。

ドームが発表されたとき、会場の盛り上がりと一体感がすごかった。
じょんがめっちゃ泣いてて、高速で舞台上を走り回ってて、そしてほろりと涙するキーちゃんがいて、しゃいに!しゃいに!て鳴り止まない自然発生コール。若干の宗教を感じた。アイドルは宗教になってからが本番である。
一緒に行った妹は、会場のノリに若干引いていた。私はその妹の隣で号泣していた。

その後、新潟、代々木、神戸(オーラス一日前)に行きました。
同じセトリ同じトークでも違うところがちょっとずつあったり、メンバーの元気さとか健康さとか機嫌のよさなんかがふんわりと感じられて、どれも本当に素晴らしいコンサートでした。
前から5列目という恐ろしい席を引き当ててそこで運を使い果たしたせいか、EXO代々木ではメンバーが全く見えないという事態に陥った訳ですが、なんとびっくり神戸ではさらに前だった。びびった。まじか。
飛び出るミンホゥのファンサも堪能したし、アイドルをあるまじき肉眼で見ちゃったりして本当運がよすぎました。


今回はセトリ自体もすごくよくて、みんな5人ともキレキレ踊ってました。
テミンさんがMCの途中でFireの曲名を紹介するとき、最高に格好つけながら「…Fire(ドヤァ…)」て言うのとかなんかもう面白すぎてテミンさーーーーーーんってなって膝から崩れたことは秘密だ。
テミンさん…「俺今最高にカッコいい…」って思いながら最高にカッコつけて首傾けてるテミンさんのかわいさ、プライスレス。
「俺今、超エロいでしょ…?」って自意識ダダ漏れで前髪を掻き揚げるテミンさんの愛しさ、プライスレス。号泣。
新潟でフォロワさんたちも一緒にご飯を食べたんですが、「テミンはいつも傾いてる」という意見が的確すぎてめっちゃ頷いた。
わかる。テミンさんめっちゃ傾いてる。自意識と美意識と猫背で常に傾いてる。ラブ。

あと途中の映像のなかのジョンヒョンさんがまあ本当にあざとくてかわいくてかわいくて、あの朝起きてシャワーして朝ごはん食べて~ってやつね。
もうね、かわいすぎておこ。激おこ。なんなの?かわいいずるいかわいいずるいずるいかわいい。妖精かシルバニアファミリーしか許されないぞあんなかわいさ!!!!いやじょんは既にシルバニアファミリーだったか。もふり。
ツアーの最中に髪が青くなってさらにそれが脱色してアッシュになったのも素晴らしかった。ジョンヒョンさん年を追うごとにどんどんかわいくなっていってるんだけどこれからどうするつもりなんだろう…こんなにかわいくなった先に一体何があるんだ。あ、シルバニアファミリーか。
じょんひょんさんを小さい箱に入れておうちで飼いたい…

同じ映像の超絶イケメンサラリーマン、ミンホゥもやばかった。なんなんだ。アレは一体なんなんだ。イケメンすぎるじゃないか。ずるい。イケメン正義。ずるい。ずるいよーーーーーーーーーーーーーーーー私もあんなイケメンのいるところで働きたい!!!!!!あんなイケメンがいたら私もっと真剣に働くもん!!ていうかもうあのイケメンのネクタイになりたい…

今回は全体的に映像よかったなーと思ってます。
途中のSF仕立てのところで、なんかシステムエラー?でバグとSHINeeちゃんが戦うシーンは正直テミンさんの溢れ出る厨2感に溺れて崩れ落ちたが。プライスレス。プライスレスだよ…テミンさんまじだいすき…号泣。
SHINeeが草っぱらで子供達と戯れつつお絵描きする映像には心が洗われた。私も幼女になってSHINee様達と触れ合いたいよう…私も20数年前は幼女だったわけだからさ…

あとHitchhikingとEvilね!!!!
これソウルコンで見たときから本当にまた見たいと思ってたよーーーーーやってくれてありがとうーーーーーーーー(正直本当は私第3集の曲全部大好きだからSW3のセトリでやってくれたら超絶嬉しいけど日本じゃそれは無理ってわかってるけど日本の曲もみんなかわいくてアイドルは正義ですきだけどーーーーーーーーーーーーーーーとりあえず)その2曲をやってくれたことに感謝。(あと2曲くらい韓国曲増やしてくれても…いいのよ…)

そしてピンクと灰色のちょっとジャージみたいな衣装。ダサいと評判の。
皆がもっとも注目してたのは絶対胸元と脇だったのではないでしょうか。ていうかタンクトップ胸がざっくり空きすぎじゃない…?みんなの谷間がめっちゃ見えてしまって動揺したよ。いいの?そんな谷間大安売りしていいの?ありがとうございますが!
(因みにタンクトップは何故か代々木から謎のベストに変更になり、みんなのはみちくも永遠に封印された。エロすぎて指導が入ったのか。)

Evilは特におぬがやばいです。おぬの気迫がガンガンに迫ってきてやばい。人差し指を振りながら踊るところとか、飛び出んばかりのおぬの気迫がとにかくすごい。Evil見ながら魂抜かれて死ぬならそれも仕方ない。とにかく素晴らしいです…

続くピカッソではジャケットの裾を持って脇をガッバァする謎のモモンガ振り付けがあるんですが、皆の視線は、おぬがいつ脇を見せてくれるのかそれともそこは永遠の秘密の花園なのか、というところに集中していた。
おぬ、そもそも身体のガードが堅いよね。絶対に見せない!という強固な意志を感じる。そのわりに時々股間が大事故を起こしていたりするのでおぬという人間がますます分からなくなってくるわけですが、ともかく脇。おぬの脇。
ほかの4人がバッサァバッサァしててテミンさんなんて頼まれてもないのにジャケット肌蹴させて見てこの僕の肌ってやってたのに、頑なにジャケットを持ち上げないおぬ。近づくオーラス。どうなるどうなる秘密の花園!

で、オーラス、おぬ誕、ついに花園は解禁されたらしい。
荒野に咲く一輪の野バラ!なんてこった!!


もう一点見逃せないのは、じょんの「感じさせなきゃねっ」ターンであった。
SHINeeの魅力をもっと感じさせなきゃねっ」というトークのセリフ。
SHINeeのトークは大体台本どおりに進むものなのですが、広島のときにはこのトークセリフはジョンヒョンさんフツーに言ってた。
その「感じさせなきゃねっ」の語感に含まれる若干のエロみを感じたファンたちが「フウ~!」って感じで、でも本人は特に気にしてなかったようなんだけど、新潟でも別に気にしてはなかったなあ。
しかしレポなど読むにどっかからか恥ずかしがりだして、代々木でみた際には完全に「感じさせ、なきゃ、ね…(尻すぼみ)」ってなってた。


誰か、教えたね…!?「感じさせなきゃね」に含まれるビミョーーなエロみ、誰か教えただろ……!!!!?????


おかげで現場は大フィーバーですよ。恥ずかしがるじょんを尻目に、ファンと一緒になって「フウウウウウ」って大盛り上がりするメンバー4人。「○○なきゃねっ」を連発したり「もう一回!もう一回!」とか言い出しててメンバーもなかなかやなおい。じょん!じょんごめんな!!いじめたいわけじゃないんだ!!!

まあもしかして全然違う理由で盛り上がってんのかもだが個人的には、じょんが「あそこでお客さんがみんな盛り上がるのってなんでなんですか~?」って聞いて、メンバーも一緒にいて、そこで誰かスタッフさんかなんかが理由を教えてる様など想像するに正直、滾る。
どんな感じで伝えたんだろって妄想するのが最近の私の通勤中に日課になりつつある。

「あー…こう…ちょっとエロい感じがするのかもですね」
「エロい!?なんでですか!?」
「あーのーー…、///ほら」
「なんでですか!?エロいのなんでなんですか!?」

とかスタッフさんが照れつつこんな感じのニュアンスがあって~とか伝えて、メンバー5人がそれぞれどんな反応すんだろって考えるとなんかもう大変申し訳なくて頭から虎に食われたくなるがごめんでも滾る。
聞いたらキーちゃん爆笑しそう。じょんはすんごいオーバーリアクションとりそう。ミンホゥはシリアスびっくりになるか爆笑するかの二択でおぬは全然読めない。ははっとか笑いそう。いてみん様は……「え!?ええっ!!?ドゥフっ」てなりそう。

SHINeeの美しくてかわいい男のたちがふっつーにすんげーくだんない下ネタとかしてるとこ想像して日々働く糧を得ているゲスいファンがここにいるわけなんですがもうごめんセクハラごめん。
なんていうの、しゃいにもね、全然ただの男の子たちだと思うんで、なんかもうどんな下ネタしてんだろーとかいや家族みたいなもんだから逆に下ネタしないかなーとかお互いの事情とか知りたいのか知りたくないのか微妙だよなーー微妙な距離感だよなーーいやそういうことまで皆で共有してこそのホモソかなーーーーーとか色々考えてみる訳なんですが。どうでしょうか!
そのうえにあのステージ上のきらきら空間があるかと思うとなおのこと尊い。

 

今回のツアーはミノとおぬのお誕生日も入ってて、ケーキばしゃーんしたりハッピバースデ~って歌ったりして、私はレポを見ただけですが、本当にいいなあと思った。
ミノはともかくとしてあのおぬまで、そんな誕生日お祝いで泣いたりするなんて思わなかった。

次は3月東京ドームですね。
その前に本国でカムバがあるかなと思ってたんですが、どうも新年はEXOぶっこみ及びじょんソロデビューの噂があり、どうなるんだか。

東京ドーム発表で泣いたり、お誕生日で泣いたりする彼らのステージの上での姿を見て、考えたりしていた。
こんな、大多数の観客は多分彼らの母国語をぱっと聞いて理解するようなことはできない訳で(私は本当にカムサハムニダとかくらいしか分からない)、ここは彼らにとって間違いなく外国であり、その外国で、大きな舞台に立ったり、ハッピバースデーと歌ったりするという彼らのことを。

別に何がというわけではなくて、なんだろう、考えがちっともまとまらないのだが、神戸のコンサート参戦翌日、ちょっと宝塚へ行ってみた。
ちょうどヅカにどっぷりな友人がいて、その話を時々聞くので、見てみたくなって行ってみたのでした。

宝塚に近づいてきたところで車窓から見える一連の建物は、確かに「むら」というべき感じを醸していた。
なかは、キラキラしていて綺麗で、食べ物屋さんが充実しており、微妙に商店街のような雰囲気もあり、まさに商店街の服屋さんみたいな服屋さんもあった。過剰なまでに美しい人々の写真や映像がそこらかしこに流れ、絶妙なセンスのグッズが売られている様は、なんというか、ここは私たちの村って感じであった。
ここに住んで二度と帰りたくないと思ったわけだが、それはなんでかといえば、ここに没入した暁には、私達は間違いなくここに取り込まれて足が溶けてしまうだろうと思ったからだった。
初めて外部から見てみたそこは、楽しくて美しくて、そして辛そうなところだなという感じだった。

なんでそう思ったかというと、韓流においては、私のような日本のファンというのは、やはり最後まで「部外者」なのだといつも思うからである。
でも別にそれを責めたりとかいうわけでは決してなくて、ただ単に、そうなのだ、ということ。
「おかえり」とは言わないのだ、ということ。

「類似する」ということは「永遠に違う」ということと同義であるのだと思っているのだけども。驚くべき親近感を話したことも会ったこともない人間に対して抱いている訳なんだけど、それはやっぱり「売り物」なのであって、我々は常に部外者。日本のアイドルだってそれは全然同じな訳だが、「おかえり」と決してならないところが、それを大変わかりやすく可視化している、それだけのことでもあり、それ以上のことであるようにも思う。
「私」をどこまで同一視するのかについて、他人は全て等しく他人だということもできるし、グラデーションのように「違い」が広がっていくなかで、「同じ」ということが時として暴力性を伴うこともある。

その「部外者性」について、自分の立ち位置をどこに置くのが正解なのだろうと考えながら、気がつくとだいすきだーーーみたいな感情の激流に自分から流されていっつも遭難してる気がする。
ふと気付くと自分が彼らに対して過剰なまでに期待をしたり(何を期待しているのかも自分でもわからない)感情移入していたりするし、そういう自分が本当に恥ずかしくなるし、でもやっぱり気がつくとまた号泣しながらペンライト振ったりしている。


度重なる遭難のたびに、わっと私を導く光があって、ワームホールとかブラックホールみたいに私を否応なくどこかへ導く。
それこそが多分東京ドームだー!とかハッピバースデー!とか、なのだ。
(この前話題の映画インターステラーを見てきたんですが、あまりにも疲れる長大な作品でした。アイドルを追っかけるってこんな感じだよなとちょっと思った。まだ見ぬ何か、目指すものさえよくわからないまま戻れない宇宙への旅に出る、否応のないものに背中を押されて、ブラックホールに吸い込まれる。映画の感想としては、未来の人類すごすぎじゃね?)


例えば東京ドームの後にとんでもないことが起ころうがなんだろうが、そういうもんなんだろう、という気が今はしている。
だって宇宙だから。何が起こったってわからないですよ。

ただ、だからこそ今この瞬間のステージの上で、この瞬間にその空間でのみは誰もが信じている永遠が、本当に永遠であると思った。
たとえその一瞬が一瞬であるとしても、その一瞬は永遠なのだ多分。
だって宇宙だから。

20億光年の孤独みたいなこと言いたいわけじゃなかったのに最終的にそんなこと言い出してるな…
とりあえず今は東京ドームがすーごい楽しみです。
二日間、なるだけいい席がいいなと思ってますが、そうじゃなくても仕方ない。
とにかく埋め尽くすペンラの光のひとつになれればそれが一番重要です。ドーム入場した瞬間から泣いてそうだ私。